スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産祝い☆バルサ!

本当に多くの方から様々な出産祝いを頂き感謝感謝の日々

その中でもオットが大喜びしたのがこのユニフォーム

オットが大ファンのスペイン・バルセロナの公式ユニフォームを頂きました
大喜びのオットは早速自分もユニフォームに着替えて記念撮影

DSC05289.jpg

こちらのTシャツに加えてパンツ、ソックスまでいただきました
いつかこのユニフォームを着て、一緒にバルサの試合を見に行けたら良いねぇ~

スポンサーサイト

飲みます!!

最近日に日に体重が重くなっている気がする。
まだ母乳だけでは足りないので、午後はミルクを足している。

その飲みっぷりが豪快

ぐびっぐびっぐびっ…エホッ…むせるなら落ち着いて飲めばよいのに…。
DSC05455.jpg

そして飲み終えると満足してこの笑顔
DSC05456.jpg

そして息子さんの定位置。
オットの太ももの上にうつ伏せ寝がとてもお気に入りの様です。
DSC05473.jpg

初めてのお風呂 with パパ

2014年2月11日(火)

一か月検診の後大きいお風呂に入っても良いとお許しを貰っていたのだが、
まだまだ寒いので相変わらず沐浴ですませていた。

しかし、とうとう大きいお風呂に入れてみよ~!!という事になった。

入念にシュミレーションを繰り返すオット
『まず俺が入って…体を温めて、風呂場を温めて…ブツブツ…』

オットに全てを託し私は完全にサポートに回った。

脱衣所も寒いので、リビングで息子の洋服を脱がしておむつ一枚の状態でお風呂場まで連れて行き、
オットへパス。
あとはお任せしまぁ~す

お風呂場の中からは楽しそうなオットの話し声。
男同士仲良く入浴
DSC05419.jpg
首が座らない息子をお風呂に入れるのはやはり大変の様子。

お風呂上がりのオットはヘトヘトになってました

一方息子は大好きなお風呂に入れてご機嫌の様子でした

雪・雪・雪

2014年2月8日(土)

めったに雪の降らない関東地方が雪景色になった

信州生まれの私としては、雪を見るとワクワクしてしまう。

でも今はベビがいるので外出もままならず…。

とりあえず写真だけ
2014-02-08.jpg

それでもオットにお留守番を頼み、
オールシーズンタイヤ&4WDの愛車で買い物に出かけた
さすがに走っている車はわずか。
雪景色の中のドライブ、良い気分転換になった

母帰宅

2014年2月1日(土)

出産前からお世話になっていた実家の母が帰宅する日が来てしまった。
早いもので1か月半はあっという間に過ぎて行った。

出産前の不安な時期を一緒にいてくれて、毎日身の回りのお手伝いをしてくれた。

18歳で実家を出た私にとってはこんなに長く母親と同じ時間を共有したのは、
久しぶりだった。

出産後マタニティブルーの私にも寄り添い、静かに手助けをしてくれた。
本当にありがとう

一ヶ月半の親子そして孫の時間はとても充実して幸せな時間だった。

女として、妻として、娘として、母として、祖母として…色々な話が出来た。
私が女性として尊敬する母。

面と向かってはなかなか言えないけど、心からありがとうを伝えたい。
途中風邪をひいたり、結膜炎になったり色々大変だったね。

明日からの母のいない生活を想像すると少し不安だ。

オットの計らいで、母を送りがてら久しぶりにランチを二人で楽しんだ。
母のリクエストで今日は和食
2014-02-01.jpg
1ヵ月ぶりの外食だったのでとてもとてもおいしく感じた。

DSC05361.jpg
最後に3世代でパチ
また会いに来てね。

1か月検診

2014年1月28日(火)

一か月検診の為出産した病院へ久しぶりに行った。
ベビの行事で病院に行くことも最後だろうと休暇を取ったオット、実母3人で息子を連れて行った。

まだまだ外は寒く生後一ヶ月の息子を連れだすのはやはり緊張する。

私が抱っこする形で車に乗せ、病院まで5分ほどドライブ

予約をしてあったが、15分ほど前に到着。
出産が近かった人たちと久しぶりに再会して少しママトークに花が咲く

待つこと1時間近く、やっと体重、身長測定が始まる。
順番に呼ばれて、ベビをオムツだけにしてスケールの上に乗せる。

体重4,075g、身長49.9㎝ 胸囲36㎝ 頭位38㎝
この時期は一日約33gづつ増えているのが理想とされているので、
体重増加はほぼ合格。
その後K2シロップを飲ませてもらう。

続いて医師の診察。
全身をくまなくチェックしてもらい、おむつかぶれの薬を処方してもらう。
最近少し目やに気になるので、目薬も併せて処方してもらう。
問題なく成長しているとの事でベビの検診は終了。

続いて私の検診。
気になっていた帝王切開の傷は綺麗に治っているが、見えない内側の傷が
時々痛むことを相談すると、数か月はかかるでしょうとの事。
気長に付き合っていくしかないのねぇ…。
とにかく無事ベビも私も検診を終え帰宅。

ご機嫌の一枚
DSC05331.jpg

1/10 お臍が取れた!!

2014年1月10日(金)

おむつ替えをしていたところ、ぽろっ!!と取れたお臍。

火曜日にはお臍から出血をしてびっくりして病院に駆け込んだりして、
大騒ぎしたお臍。
先生から何にも問題ないよぉ~と言われて安心していたところ、乾燥してぽろっと取れた。

病院でもらった臍帯ケースに入れて保存
DSC05481.jpg

出産祝い☆カナダから

カナダの友人Peter とHeatherから早々にプレゼントが届いた

リバプールFCのファンの彼ららしく全て赤
DSC05199.jpg

おまけに彼女のお母さんまで手作りのスタイを作ってくれた。
10年近くの付き合いになるが本当に感謝感謝

中でもとても気に入ったのがおしゃぶり♪
くわえるとこんな感じ
Rey.jpg
ジェントルメェ~ン

DSC05313.jpg

出産祝い☆おむつケーキ

出産後様々な方からお祝いを頂き感謝感謝の日々です

その中でも、おむつケーキ

別々の方から3個もいただき、それぞれとてもかわいい

先ず手作りのおむつケーキ。
DSC05238.jpg
一つ一つのおむつをサランラップで巻いて、2段に組み立ててくれてありました。
おむつの種類も気を遣ってくださってSサイズからMサイズまで。
可愛いリボンを結んで仕上げて下さってます。

こちらは、てっぺんにかわいいクマのマスコットが乗っていました
DSC05277.jpg

そして最後は、ロンパースなど小物入り
DSC05365.jpg
どれも素敵でとてもありがたいプレゼントでした

出生届

2014年1月5日(日)

お正月休み最終日なので、母に息子を預けて
オットと二人で役所へ出生届を提出に出掛けた。

休日なので「夜間受付」への提出だった。

DSC05195.jpg

これで晴れて、日本国籍取得

退院 & 御七夜

2014年1月2日 

とうとう退院の日。
9日間の入院生活を終えて、ベビと共に無事退院できました。
まだまだお正月気分が抜けない1月2日。いよいよベビを我が家へ連れて行きます。
同じ出産日の友達と記念写真。
DSC05138.jpg

病院のロビーはこんな飾りでした
DSC05147.jpg

初めての車に驚くかなぁ~と、私たちの心配をよそに、ベビはスヤスヤ寝ていました。
ドライブわずか5分で我が家へ到着♪

今夜は両方の両親を招いての退院パーティ&御七夜の宴です
DSC05153.jpg
お料理は全てオットのお義母さんが用意してくれました。
DSC05154.jpg

そして初孫フィーバーのおじいちゃん達
DSC05172.jpg

これもオットのお義母さんが書いてくれました。
DSC05181.jpg

病院から退院の際に頂いたケーキ。
DSC05163.jpg

久しぶりの我が家はやっぱり落ち着く。
ベビにとっても居心地の良い場所となると良いなぁ

入院中の食事☆その2(2014年1月1日~1月2日)

引き続き入院中の食事の記録


2014年の幕開けです
お正月の特別メニューです。
おせち料理を病院で食べられるとは


ランチはお寿司


最後のディナー。フレンチのコース何より残念なのはこの食事を、パジャマで食べていることそれにしてもデザート多すぎ!


ここに来て、白米とお味噌汁嬉しかったなぁ♪



最後の食事。
入院中ということを忘れ、すっかり食べ過ぎてました

おかげで体重全く減らなかった
いよいよ自宅に帰って普通の生活が始まりまーす!!

入院中の食事☆その1(12月28日~12月31日)

予定帝王切開だったため、入院生活は9日間。
その間、堪能した食事を記録しておきまーす


手術後初めてのまともな食事。
朝食はレストランでブッフェ形式なのだが、まだ部屋食

でも、これだけ食べられれば満足


中華のコースメニュー。まず前菜。


そして点心。

最後にデザート。


三色丼。


初めてのブッフェ朝食。取りすぎだよねー。


和食の箱膳


エスニックメニューカレー&ナンが出るとはびっくり




またまたコースメニュー@コンテンポラリー
デザートまでしっかりいただきました


和食。蒸し肉&野菜、鰻等。



イタリアンブッフェ。



2013年最後の食事。和食。

手術翌日(12月27日)

2013年12月27日(金)

早朝6:00頃看護士さんの回診で目が覚める。
手術の傷はそれほど痛くないが、まだ起き上がれない

採血をするラインが取れずまた看護師さんを苦しめてしまった。

午前中からベットをなるべく90度に起こすように指導される。
電動のリクライニングベッドなのでリモコンでウィ~ンと起こすと起きられる

午前中に昨日入れた尿管を抜かれ、歩行訓練開始!!
とにかく我が子に会いたい一心で部屋の中を歩きまくった
もちろん点滴のバーをガラガラ引きづりながら…前かがみで、おばあちゃんみたいにしか歩けないけど

看護士さんに手伝ってもらって何とか新生児室まで歩き、やっと我が子と面会
2013-12-27c.jpg
小さいねぇ抱き方もまだままならず…ギャン泣き

でも、やっと我が子とゆっくり対面できて満足満足

さぁ~てやっと、昼食
流動食とは言われていたけど、1.5日ぶりの食事だったので楽しみにしていたところ…。
okayu.jpg
やっぱりね…。葛湯とお茶

それでも食事をすると、元気が出た!!
歩行訓練をただひたすら頑張った

午後、兄と母が面会に来てくれた。
131227_125005.jpg
初めて抱く孫と甥っ子。
兄が意外や意外、メロメロになっていた

そして夕食
お昼の流動食はかなりショックだったので、とても期待していた。
お粥は分かっていたのだけど、おかずが付いていることに感動する
2013-12-27a.jpg

そして、その夜仕事帰りに駆け付けてくれたオット。
我が子を抱いてニッコリ
otto.jpg

出産当日☆その2

14:20に我が子を取り出されて、キレイにされた我が子と対面
カンガルーケアは残念ながらできませんでした。
おまけに顔を見せてくれただけで、2、3秒したら連れて行かれてしまった。
もうちょっとわが子の顔を拝みたかったのにぃ~!!

その後縫合等の後処置をされ、手術室を出たのが15:00頃。
ストレッチャーに乗せられて、新生児室の前をガラガラ…入院室までの移動の間、
もう一度Babyに対面させてもらえた。ここで初めてゆっくりと我が子を抱くことが出来た
DSC05035.jpg

15:30 入院室のベッドに移動。
痛み止めのおかげで特に痛みは無い。
足には血栓防止の為にフットポンプがつけられているみたいだが、自分では全く分からなかった。

ただ、足が自分の物の様で、自分の自由にならず非常に不快な感覚に襲われる

18:00頃 だんだん下半身の麻酔が切れてくる。
とにかく喉が渇くが、飲めないのでオットに手伝ってもらって何度もうがいをする。

その後は、寝たり起きたりを繰り返しほとんど記憶が無いまま翌朝を迎えた。

私は他の帝王切開の手術を受けた方々より痛みに強い方だったみたい。

それ程痛みを感じることなく過ごせた。
普段からあまり薬にお世話になってないせいか、痛み止めの効きが良かったのだろう。

出産当日☆おわり






01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

Author:ジャイ子
結婚10年目を迎えた36歳。

流産の後、不育症の治療をしながら妊娠♪

夫婦二人のDINKS生活に別れを告げて、
新たな家族を迎えるワクワクとドキドキを綴っていきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。